このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 高く売るための不動産査定方法!知っておきたい4つのポイント

高く売るための不動産査定方法!知っておきたい4つのポイント

13view

2018.01.23

不動産査定サイトとは

不動産を高く売るには

家を売却する場合には、誰しも少しでも高く売ることを考えますが、そうは言っても家を何度も売却したことがある人はまれでしょうし、不動産会社と親しい付き合いがあるという人もそう多くはないでしょう。

ほとんどの方が初めての経験であることが多く、不動産価格はもちろんのこと、売買により発生する売買手数料や税金に関しても不安という人がほとんどです。従って、家の売却を検討する際には、不動産会社と媒介契約を結んである程度はお任せで進めるしか方法がないという状態でした。

不動産会社などのプロに任せておけば、家の査定もしてもらえますし、手数料や税金の問題もお任せできますので楽で簡単なわけです。

このような状況では、信頼できる不動産会社と知り合えればよいのですが、そうでない場合には不動産会社の言いなりになることもしばしばで、家を高く売るためには信頼出来る不動産会社と接触する必要がありました。

不動産査定サイトとは

この不動産売却という難しい問題の解決策の一つとして登場したのが、不動産査定サイトで、不動産一括査定サイトと呼ばれることもあります。査定サイトというと、中古車一括査定サイトが有名ですが、システムとしては複数の不動産会社から査定を受けられるという似たようなものなのですが、中身には相違点が多くあります。

家を査定するということは、これまでは結構敷居の高い問題でしたが、この不動産査定サイトを利用することで気軽に申し込むことができるようになりました。

実際に不動産会社に依頼するのではなくweb上での申込みで、査定方法にも簡易査定と訪問査定の2種類が提供されているケースがほとんどで、簡易査定の場合には本当に気軽に申し込むことが可能です。

また、他の査定サイトと同様に、webから申込むだけで複数の不動産会社から査定を受けられる可能性がありますので、以前と比較すると考えられないような便利なサービスと言えるでしょう。

通常、不動産の仲介には宅地建物取引業の免許が必要ですが、これらの不動産査定サイトの運営会社とはこの免許を持つ不動産業者ではないケースも多く、仲介による手数料目的のサイトというわけではありません。他の査定サイト同様に、登録先の不動産会社からの掲載手数料等を目的としているサイトですから、利用料も無料というのがうれしいところです。

不動産査定サイトのメリット・デメリット

不動産査定サイトのメリット

不動産会社で何度も売買契約をしたことがあるという方はそれほど多くないでしょうが、不動産査定サイトを利用することで、複数の不動産会社で査定を受けられる可能性があります。ネット申し込みですから、気軽に申し込むこともできますし、何といっても無料で査定してもらえるのがうれしいところです。

不動産査定サイトのシステムは、他の査定サイトの仕組みと同じで、運営サイトは登録されている不動産会社から査定件数に応じて掲載料を取りますので、少しでも多くの査定を紹介したほうが利益になるため、無料で提供されているのです。

運よく複数社から査定を受けることができれば査定価格も比較できますし、おおよその相場観を知ることにも繋がります。むろん、売買により発生する手数料や税金についても相談できますので心配する必要はなくなります。

不動産査定サイトのデメリット

不動産売買とは、御承知の通り売買することで多額の手数料が発生するビジネスで、メリットもあるとはいえ、不動産査定サイトが不動産会社の広告として使われている面もあります。

例え、広告であっても顧客の利益になるのであれば問題はないのですが、広告という性格上、査定価格を引き上げて媒介契約を結ぼうという考えを持つところが出てくるのは致し方のないところです。

そもそも、不動産査定額といっても、余程人気エリアの物件で不動産会社が買い取ってでもくれない限りは、あくまで想定額であり、買い手が希望する金額とは一致するかどうかは全く分からないのです。

また、買い手が値下げ交渉をしてくることは容易に想像できますので、想定よりも高い査定額を出して顧客と媒介契約を結び、後日、買い手の値下げ交渉があるということで査定額よりも安い価格で契約することも容易にできるのです。

中古車の査定などとは異なり、ここが不動産査定の厄介なところです。

また、不動産査定サイトには非常に多くの不動産会社の登録がありますが、エリアによっては、必ずしも希望しているような不動産会社からは連絡がないケースも多くあります。首都圏の人気エリアの場合にはそのような可能性は低いでしょうが、地方エリアの場合には査定依頼できる不動産会社が少ないことが多く、場合によっては1社もないというところも多くあります。

これは、不動産会社には大臣免許と都道府県知事免許がありますが、98%が知事免許という、ほんの一部の大手とその他の中小不動産会社に分かれており、都道府県知事免許で営業できるのは都道府県内に限られているからです。

つまり、不動産査定サイトの登録社数が仮に1000社であったとしても、そのうちの980社前後は県内エリアで営業する中小企業であるわけです。

不動産査定サイトの注意点

簡易査定と訪問査定

不動産査定サイトに依頼する場合には、簡易査定と訪問査定の2種類の査定方法があり、目的に応じて選択できるようになっています。簡易査定とは、いわゆるネット査定のことで机上査定とも呼ばれますが、実際に物件を見てもらうわけではなくオンライン上で完結させる方法です。

あくまで簡易査定ですから、実際の売却価格や各社で差が出やすいなどの問題もありますが、おおよその査定価格を知ったうえで検討したいという場合には簡易査定で十分です。ただし、売却を前提としており、そのために媒介契約を結ぶ不動産会社を決めたいという場合には、実際に物件を見て査定する訪問査定を選択します。

査定価格はあくまで参考価格と考える

実際に不動産を売却した経験のある方ですと、査定価格はそれほど当てにならないと考えている人も多いでしょうが、実際には査定価格よりも安くなるケースはもちろん、逆に、高く売れるケースもそれほど珍しい話ではありません。

特に、首都圏などの人気エリアの場合には高めの査定価格が出されることが多いのですが、これに対して、地方の物件の場合には安めの査定価格が出される傾向があります。不動産査定サイトのデメリットのところでも指摘しましたが、不動産会社の営業的な部分が反映されることも多いので、あくまで参考程度に考えておく方が良いでしょう。

不動産査定サイト以外で家の価格を知る方法

国土交通省のサイトで売却価格を調べる

不動産査定サイトを利用して、不動産会社から家の査定価格を見てもらうにしても、全くの予備知識もない場合には、本当に適正価格かどうか不安なものです。こんな時には、簡単におおよその家の売却価格を知る方法がいくつかあり、その中でもおすすめの方法の一つが、国土交通省のサイトに掲載されている土地総合情報システムを見ることです。

この土地総合情報システムには、全国の不動産取引売却価格情報が掲載されており、おおよその相場観を知ることができる場合もあります。

不動産売買サイトで相場価格を調べる方法

売却価格が出ているケースはまれですが、売り出し価格であれば不動産情報サイトに非常に多くの数が出ています。売り出し価格ですので、実際の売買価格よりは相応の割り増し価格となっており、そこから値引き相当額を引く必要はありますが、自分の家に近い状態のものが出ていることも多く、おおよその相場観を知るのには役立ちます。

家が戸建ての場合には、なかなか同じ状態のものを見つけるのは難しいかもしれませんが、マンションの場合にはかなりの確率で近い状態の物件があります。

不動産鑑定士に依頼する

地方の物件などで、不動産サイトを利用してもなかなか対応業者が見つからない、あるいは1社しか見つからないケースでは、先に不動産鑑定士に依頼して鑑定してもらい、そのうえで査定を受けたほうが良い場合もあります。

ただし、不動産鑑定士が鑑定するのは、査定価格ではなく鑑定評価となります。とは言え、家を高く売るためには検討したい方法の一つではあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る