このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 不動産会社の訪問査定で家の査定額を高くする2つのポイントと注意点

不動産会社の訪問査定で家の査定額を高くする2つのポイントと注意点

37view

2018.01.23

複数の不動産会社に査定を依頼する

不動産会社の訪問査定で売りたい家の査定額を高くするためのポイントが「複数の不動産会社に査定を依頼する」ことです。

不動産査定はチェックポイントごとに基準に従って査定を実施し最終的な取引査定額が決まりますが、査定基準は不動産会社によって異なります。不動産はおおまかな相場というものはありますが、全く同じ条件の物件は二つ存在しないので、査定額はその物件のみのものになります。他に同条件で比較できる物件がない以上、家の査定にばらつきが出るのは当然です。

どの査定項目を重視するかは不動産会社によって違いますし、得意にしている物件の種類も会社ごとに異なります。高額査定で引き取っても利益上げると判断した会社は相場以上の査定を付けますが、売却先探しに自信がなくリスクを避けたいと考える会社は相場よりも低い査定を付けるでしょう。

同じ物件でも依頼する不動産会社によって査定額に差が出るのなら、査定額を高くするためには複数見積もりを取るのが最も簡単で有効な方法になるでしょう。

見積もりを比べて相場をつかむ

不動産の高値売却には物件相場に関する知識が欠かせませんが、素人である売主が相場を調べても情報には限界があります。見積もりを複数の会社に依頼すれば各社が提出した見積もりを比較することで、おおよその相場が簡単にわかります。

見積もり依頼先を増やすほど相場は正確にわかりますが、あまり多くの会社に依頼すると対応に手間がかかってしまうので、やたらに見積もりを依頼するのはうまい方法とはいえません。負担をおさえてなるべく正確な相場を知るためには5?6社程度に家の査定見積もりを依頼するといいでしょう。

相場を知れば各社の出した査定見積もりが高いのか安いのかを客観的に判断できます。相場を反映していて高い査定を付けた不動産会社を選べば損することなく家を高く売ることができます。

家の印象をアップさせて高額査定を勝ち取る

家の訪問査定では査定基準に基づいてチェックシートを埋めていく方式で物件評価が行われます。不動産査定ではできるだけ個人の感情や判断が影響しないような査定システムが設けられており、客観的な判断に基づいて査定が行われますが、査定担当者の感情を完全に排除することはできません。

査定担当者も人間ですから物件の印象で査定額が変動することはよくあります。家の印象がアップするようきちんと準備をしておけば査定額がいくばくか上る可能性があります。

掃除で印象アップ

訪問査定で査定額を高くする準備として効果的なのが「掃除」です。不動産査定では基本的に物件の価値や機能を客観的に査定して金額を決定します。物件が汚れていても通常の生活レベルであれば本来査定には影響しないのですが、現実としてきれいに掃除された家と汚れた状態で査定を受ける家では査定額に明確な違いが表れ掃除した家の方が高額売却が期待できます。

訪問査定当日までに家をきれいに掃除しておきましょう。特にキッチンやバスルーム、トイレなどの水回りが汚れていると印象が大きく下がります。汚れが原因で設備交換が必要と判断されてしまうと査定額は10万単位で下がるので、徹底的に掃除して新品同様にまで近づけておくと高額査定が期待できます。

汚れが目立つ場合はハウスクリーニングを利用する

掃除をしてもきれいにならない汚れが目立つ場所に関しては、プロに掃除を依頼するハウスクリーニングを依頼するという方法もあります。ハウスクリーニングは1カ所につき1?3万円程度の費用がかかり、負担は決して小さいとはいえません。

そのかわり掃除の仕上がりは素人とは比べ物にならないほど素晴らしく、使い込んでくたびれ果てていた設備が新品同様のピカピカの状態に生まれ変わります。

キッチンやトイレなど頑固な汚れが査定を下げる原因になる場所は、料金を払ってでもハウスクリーニングできれいにした方がいいでしょう。きれいにすることで上昇が期待できる査定額は料金を上回ります。高額査定のための投資と考えれば料金を負担してでも掃除しえもらう価値は十分あります。

周辺環境をリスト化

家の訪問査定では物件そのもののチェックが行われますが、不動産の価値を決める要因は家そのものの状態だけではありません。家の価値に大きく影響するのが「周辺環境」です。駅までの距離や買い物できる店の数、医療施設や娯楽施設など家の周辺環境は物件そのものの価値以上に重視される条件です。

訪問査定で売却予定の家を評価する場合、周辺条件は直接的な査定項目に含まれません。もちろん査定を行う不動産会社はエリア評価情報として周辺環境を評価し価値基準を設定していますが、より細かい条件を提示すれば査定額が上る可能性があります。

訪問査定当日までに家周辺の施設やスポットなどをリスト化しておきましょう。この家ではこれだけの店や施設が利用可能である、という形でリストを示せば不動産会社のエリア評価にプラスして周辺環境の充実度分だけ査定の上積みを引き出せる可能性があります。簡単な地図を添えておくとなお便利です。

安全性を査定に反映させる

家を高く売るための条件として関心が強まっているのが「安全性」です。大地震を何度も経験した現在、耐震性を始めとした防災に関わる家の安全性は不動産取引の重要項目となっています。高い耐震性を持つ家は防災意識の高い人に高く売れる見込みがあるのでそれだけ高額査定が期待できます。

家そのものだけではなく土地条件に注目するのが安全性で高額査定を引き出すポイントです。自治体の発表したハザードマップや各種防災地図で安全と評価される土地に建つ物件は安心して住める家であり、相応のお金を払ってでも住みたい家です。

洪水の心配がない、強固な地盤で液状化のリスクがない、指定の避難場所にスムーズに移動できるなど安全性が高い家であるならば、訪問査定に来た担当者にその点をしっかりアピールしましょう。

安心して取引できる家であることを証明する

不動産会社が訪問査定で警戒するのはと面倒な条件が絡んだいわくつきの家です。所有権が係争中、税金を滞納している、境界線でもめているなどトラブルがらみで取引できなくなっている不動産は少なくありません。

売却後問題なく取引できる家であると証明すれば印象はアップします。土地の権利書や登記書、税金をきちんと納めていることを証明する納税証明など税金関連の書類、土地境界を示す図面などはすぐに見せられるように用意しておきましょう。

査定額で売却できる保証はない点に注意

不動産の訪問査定で示される査定額はあくまでも不動産を客観的に査定した金額です。不動産会社が直接購入するケースでは査定額通りの金額で売却できますが、不動産会社が仲介役となり買い手を探す媒介契約での売却を検討している場合は査定額通りの金額で売却できる保証はありません。

不動産市場では訪問査定の査定額はあくまでもひとつの基準に過ぎず、売却価格は需要と供給によって決まります。査定額で売りに出しても買い手が見つからなければ価格を下げざるをえず、実際の売却価格が査定額を大幅に下回る可能性も頭に入れておきましょう。

売却にかかる経費に注意

家を査定額通りに売れたとしても全額を手にできるわけではありません。訪問査定は無料でも不動産売買の仲介を依頼すれば仲介料が発生します。仲介手数料は国土交通省の告示で水準が決められていて、取引額200万円以下に対し取引額の5.4%、200万円超~400万円以下に対し4.32%、400万円を超える金額に対して3.24%の手数料がかかります。

買い手を探すために募集広告を出せば広告費用がかかります。広告費はどの媒体を利用するかで変わりますが5~50万円が相場です。

忘れてはいけないのが税金です。買い手が見つかるまでの間にかかる税金は売主の負担です。売却が長引くほど税金も高額になるので、買い手が見つからないのに値引きをしないとどんどん税負担が重くなってしまいます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る