このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 不人気に負けない!二世帯住宅を高く売る物件売却のポイント

不人気に負けない!二世帯住宅を高く売る物件売却のポイント

17view

2018.01.23

中古の二世帯住宅は人気がない

中古不動産市場では一戸建てやマンション、アパートなどさまざまな物件が取引されています。物件の取引価格は需要と供給によって決まるので、シンプルに言えば人気があるほど高く売れ人気がない物件ほど価格を下げないと売れません。

二世帯住宅は中古住宅としては特に不人気とされる物件です。そもそも親との同居を敬遠する人が増えている上に中古物件だと家に自分の好みを取り入れることができず、いくら新築より安いといっても中古二世帯住宅は嫌われます。売りたいと思っても購入希望者が現われず、高額のローンを組んだ二世帯住宅を抱えたまま身動きがとれなくなるケースも少なくありません。

売り方次第で高く売れる

二世帯住宅の売却を検討している人にとって人気がないのは大きなマイナス材料です。不動産物件は所有しているだけでも税金やメンテナンス費用がかかるため、ただでさえ買い手探しが難しいのに費用負担が重いと住み替えはさらに遠のいてしまいます。

二世帯住宅の売却は簡単ではありませんが、人気がないからといって売却を諦める必要はありません。売り方を工夫すればただ売るだけでなく相場よりも高い価格で売れる可能性もあります。

不動産には相場というものがありますが、二世帯住宅のように個性の強い物件に関しては相場よりも購入希望者をどう探すか、どのように付加価値をつけるかといった要素のほうが売却に強く影響します。全体的な傾向として売りにくさがあるのは事実ですが、手間を惜しまず知恵を絞れば高額売却も夢ではありません。

不動産会社選びがポイント

不動産売却で重要なポイントになるのが売却を依頼する不動産会社選びです。購入希望者との間を取り持つ仲介で売るにせよ、買取で直接不動産会社に売却するにせよ、どの不動産会社を選ぶかによって二世帯住宅売却の行方はほぼ決まるといっても過言ではありません。

不動産業者は物件売却のパートナーであり頼れるプロフェッショナルですが、得意不得意は当然あります。二世帯住宅が得意な不動産業者を探すことが高く売るための第一歩になるでしょう。

不動産会社の実力が問われる二世帯住宅売却

二世帯住宅を高く売る方法として基本になるのが、実力のある不動産会社を探すことです。

二世帯住宅の売却は不動産業者の真の実力が問われます。市場が広いマンションや一戸建て住宅の売却と比較すると二世帯住宅の売却は圧倒的に件数が少なく特殊な取引と言えるほどです。実力がない不動産業者に依頼すると二世帯住宅を上手く売却できる見通しが無いため、買取査定でも売りにくさが影響して金額が低く抑えられてしまいます。

どんな物件でも確実に売却できる実力ある不動産会社であれば、一般的に売りにくいとされる二世帯住宅もきちんと買い手を見つけられます。金額は相場によって変動するものの、在庫を抱える危険性が低いので査定額はリスクを低く見積もった基準で算定されます。

売る見込みがある物件は高く、売りにくい物件は安くなるのが不動産買取りの基本です。実力不足の不動産会社に依頼すると本来の価値よりも低い価格を提示されてしまうので注意してください。逆に言うと実力のある不動産会社を見つければ二世帯住宅の価値を損なわずに高く売ることができるのです。

実績を重視した不動産業者選び

不動産会社の実力を測るバロメーターになるのが実績です。多くの家を売ってきたという実績も重要ですが、注目すべきは二世帯住宅の売却実績です。二世帯住宅のように特殊な条件を抱えた家に関しては普通の家を取引してきた実績がどれだけあってもほとんど意味がありません。取引実績そのものは少なくても二世帯住宅を扱った経験が豊富な業者を選びましょう。

二世帯住宅を高く売るには特殊なノウハウや売却ルートが必要です。実績が豊富な不動産会社でも二世帯住宅を初めて手がけるようであればノウハウもルートもなく、買い手は見つけられても高く売るのは困難です。

会社の規模が大きいからといって実績があるとは限りません。規模は小さくても二世帯住宅を専門に手がけているような不動産会社のほうが高額売却には有利です。二世帯専門の不動産会社は税金や手続きなど二世帯住宅ならではの特殊な事情にも通じているので、単純な家の売買実績ではなく二世帯の実績に注目して不動産会社を選んでください。

リフォームしてから売る

二世帯住宅を高く売る方法として有効なのがリフォームです。住宅を一新するリフォーム工事を活用すれば二世帯住宅に全く異なる価値を与えることができます。不人気の理由をリフォームで解消すれば売却価格はアップし、購入希望者もより簡単に見つけられるようになるでしょう。

リフォームで二世帯構造を解消する

リフォームアイデアとして有効なのが、二世帯構造を解消する方法です。二世帯住宅が不人気なのは2つの世帯が同居するという特殊な構造が理由です。それならば二世帯住宅から一世帯用の家にリフォームしてしまえば不人気の原因はなくなり、購入希望者は増えるでしょう。

二世帯住宅といってもいろいろな構造がありますが不要なキッチンや水回りを取り払い、内部で移動できるように構造に手を加えれば、二世帯向けの間取りが広々とした一軒家に生まれ変わります。中古住宅市場でも二世帯住宅として売るのではなく広い間取りの一軒家として売りに出せるので購入希望者を見つけやすく、そのままで売るよりずっと高く売ることができるでしょう。

二世帯住宅を一世帯向けの間取りにリフォームするには最低でも100万円以上の費用がかかりますが、リフォームによって得られる価値上昇と売却期間が短縮できることを考えれば決してムダな投資ではありません。上手くいけばリフォーム金額を上回る価格上昇も期待できるので、売りにくい二世帯住宅を売る方法としてリフォームはとても有効です。

完全分離型にリフォームして賃貸物件として貸し出す

一部でつながった二世帯構造を完全に別れる構造にリフォームして片方を賃貸物件として貸し出す、という売り方もあります。この方法では二世帯が大家と店子という関係になり、物件所有者は購入した家で生活すると同時に賃貸物件として半分を貸し出すことになります。

家賃設定や税金など問題はあるものの、上手く入居者を見つけられれば賃貸収入をローン返済に回せるので物件としての魅力は高まります。投資用物件としての魅力も付加されるので、住み替え需要だけでなく投資物件需要も見込める売却プランです。

価格の妥当性を確認

不動産売却に一番影響するのは価格です。極端な話をすれば購入希望者が見つかるまでどんどん値下げしていけばいつかは必ず買い手が見つかりますが、売却収入を家の買い替え資金などにすることを考えるとできるだけ高く売る必要があります。

二世帯という不人気の物件に対し価格は妥当なのか?周辺の物件相場と比較しながらきめ細かく価格を設定しないと売却は上手くいきません。

売却を急ぐなら価格面で妥協する必要あり

二世帯住宅の売却をとにかく急ぐなら価格面で妥協する必要があります。高く売りたいと思っても買い手が見つからなければ値段を下げるほかありません。売れない家を抱えていても税金や維持費がかかるだけマイナスです。

多少価格面で妥協してでも速く売ったほうが得になるのならいつまでも高値にこだわるべきではありません。単純に価格だけを見て高く売ることにこだわるのではなく、時間や手間を含めた総合的なコストで売却の是非を判断してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る