このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 より良い条件で売却を!手元により多く売却資金を残す方法は?

より良い条件で売却を!手元により多く売却資金を残す方法は?

56view

2018.01.23

本当に高く売却出来るの?

家の売却を検討している人であれば大多数の方が「高い金額で売却したい」と考えるはずです。実際、「相場よりも高く売れました」や「購入した金額より高く売る事が出来ました」などの体験談を目にする事もあるので、自分の家を査定する時は胸の高鳴りを感じる人もいるのではないでしょうか。

物の価値を金額に換算するのであれば、「所有期間に応じて価値が下がっていく」と考えるのが一般的です。しかし、不動産価格は景気動向などの外的要因により大きく変動する事があるので、購入価格よりも高く売却できるケースも数多くあります。2000年代で不動産価格が大幅に下落したケースはリーマンショックです。

景気の後退に合わせ不動産価格が大幅に下落したので、この時期に不動産を購入している多くの方は譲渡益を得る事が出来るはずです。また、このようなケース以外にも『相場よりも高く売る』という考え方も出来ます。基本的に譲渡益を得るにはタイミングが最も重要になってくるので、誰でも可能性があるという事ではありません。

ですが、『相場よりも高く売る』という事であれば、自分の工夫で可能性を高める事が出来るので、全ての人が等しくチャレンジする事が出来ます。具体的な方法としては、玄関を開けた瞬間の第一印象を良くする事です。購入意欲を高める最も確実な方法で、なおかつ高い費用対効果を実感する事が出来る方法なので、家の売却を検討されている方はぜひお試しください。

印象を良くする具体的な方法は?

LDKが広く見えるように家具の配置を変える

近年は核家族化が進み、ゆったりとしたLDKの間取りプランが好まれています。リビングを中心とした生活スタイルを望んでいる方が多く、この部分が狭く見えてしまうだけで大きなマイナスポイントなってしまいます。

リビングに設置する大きな家具として想定されるのは、ダイニングテーブル・テレビ台・ソファーなので、リビングスペースの広い、狭いにかかわらず広く見えるように整理整頓をしてください。

クローゼットの中を整理整頓する

各居室の収納スペースはとても重要です。ここが狭く見えてしまうと部屋全体が小さい印象になってしまいます。特に注意が必要なのは、子供部屋として想定される4畳や4.5畳などの小ぶりな部屋です。

このような部屋の収納スペースは総じて小さく設計されているので収納家具の事も考慮した場合、数字以上に小さく見えてしまうのです。このような居室の収納スペースを広く見せる事で、十分な広さがあるという印象を与える事が出来ます。

内覧時には水回りの清掃、換気を行い生活臭を軽減させる

室内の隅々をきれいに掃除してもらう事も大切ですが、ニオイを除去する事も同じように重要です。キッチン、お風呂、お手洗い、玄関など、家族で生活をしていると水回り箇所を中心に室内に生活臭がついてしまいます。

これらの箇所には、水アカ、カビ、油汚れ、排水溝など、毎日のお手入れでは落としきる事が出来ない汚れが付着するので、所有期間に応じてニオイが付着してしまいます。共働き世帯では、毎日のお手入れをする事も難しく、内覧日の前日にまとめて掃除をするというケースも多くなるのではないでしょうか。

玄関を開けた瞬間にこれら汚れのニオイが鼻に突き刺さってしまうと物件の第一印象が悪くなってしまいますので、購入検討者から内覧の依頼が入った場合は必ず全居室の換気を行ってください。

玄関を広く見せる

玄関スペースは物件の第一印象を与える箇所です。注文住宅でない限りは一般的なサイズで作られているので、広さは変わる事はありません。

ですが、整理整頓しておくことで広い印象にすることはできるので、不必要な運動靴などはしっかりと収納スペースに収め、忘れずに整理整頓を行います。なお、この時にブーツなどをきれいに収納しておくと内覧者に好印象を与える事が出来ます。

一括査定サービスは利用するべき?

不動産一括査定サービスとは、複数の不動産会社に同時に査定の依頼を申し込む事が出来るサービスです。現在、東京都内には20,000社を超える不動産会社があり、各社によって査定価格や売却方法、サービス内容が異なります。

複数の不動産会社の査定条件を効率的に比較する事が出来るので、実際に家の売却を検討している方にはぜひとも利用していただきたいサービスです。

メリット

大きなメリットとしてあげられる事は、査定価格と営業担当の比較が出来る事です。居住用不動産の場合、大多数(限りなく100%)の不動産会社は、取引事例比較法を利用して査定価格の算出を行います。査定方法自体は全社共通ですが、肝心の査定価格に関しては全社とも異なる条件を提示してくる事が予想されます。

このように複数の会社に査定依頼をする事で、初めて売却条件を比較する事が可能となるので、複数の会社に査定依頼をする事は大変重要です。また、家の売却活動を行う場合、営業担当があなたに代わって物件の説明を行うことになります。

どんなに魅力的な物件であっても、適切な説明をする事が出来なければ魅力は半減してしまいます。一人でも多くの営業担当と話す機会を設け、より良い出会いを見つける事も重要です。

デメリット

一括査定依頼時には複数の不動産会社をあなた自身で管理しなければいけません。「勝手に現地確認に来られてしまった」や「しつこく電話連絡がきた」など、事前に注意点を伝えなければ不動産会社の営業活動にストレスを感じる事も考えられます。

不動産会社の立場からすると適当な査定をするわけにはいかないので、物件の詳細を確認しなければなりません。トラブルなくスムーズに話を進めるためにも希望の連絡方法や査定時の注意点については必ず全社に伝えておいてください。

利益が出た場合の減税措置は?

購入時よりも家を高く売る事が出来た場合、譲渡益が発生するので税金を納めなければなりません。なのですが、現在は不動産の流通を促進させる目的から、様々な税制優遇措置がとられています。ここには、譲渡益が発生した場合の措置も含まれているので家の売却を検討している人は必ず確認してください。

軽減税率の特例

所有期間が10年超のマイホームを売却した時、通常の税率(20.315%)ではなく軽減税率(14.21%)を適用して所得税・住民税の計算をする事が出来ます。課税所得の金額が6,000万円以下、6,000万円超かでも税率が異なるのですが、マイホームの売却時ではここまで高額の譲渡所得が発生する事は考えづらいので、この点は気にする必要性はないと考えます。

3,000万円の特別控除

マイホームの所有期間にかかわらず、譲渡所得が発生した場合、3,000万円を所得から控除することが出来ます。つまり、3,000万円までの所得であれば無税となるのです。税金が全くかからないので非常に魅力的な減税措置です。

特定居住用財産の買換え特例

所有期間10年超かつ居住期間10年以上のマイホームを譲渡して買換資産を取得した場合に適用されます。

譲渡をなかったものとしてみなす、もしくは譲渡所得を通常よりも低くする事が出来ます。

これらの特例には、ここでは記載しきれない細かな適用要件がそれぞれにあります。併用の可否などを含めケースバイケースで異なりますから、事前にしっかりと確認することをお勧めします。より高くというと、査定価格に目が行きがちですが税金対策も重要な要素です。支出を減らす事で手元に残る資金を増やす事が出来ますから必ず実践してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る